女性の薄毛の種類

女性の薄毛と脱毛になる原因、また女性の薄毛症状によって女性の脱毛症は女性男性型脱毛症、円形脱毛症、牽引性脱毛症、分娩後脱毛症などの種類があります。

女性男性型脱毛症
女性男性型脱毛症、またびまん性脱毛症とも言います。加齢、生活習慣、またストレスに伴う女性ホルモンの減少、機能低下により、男性ホルモンの影響を受けるようになって起こる脱毛症です。髪の毛の全体が薄くなることはこういう種類の脱毛症の特徴です。原因を見極めて対策することで改善する可能性があるタイプの脱毛症です。

円形脱毛症
円形脱毛症は、頭髪が円形または楕円形の脱毛が突然発症する脱毛症。突然抜け毛が増えたと思ったら、円形脱毛症を疑ってみる必要があります。コインのような円形の脱毛が頭皮にできてしまう、というのが特徴です。小さな場合は自然治癒することも多いのですが、大きく広がってきたり、再発を繰り返したりする場合は、適切な治療が必要です。

牽引性脱毛症
長期にわたり髪の毛を引っ張ったりすることで起こる脱毛症です。毎日ポニーテールの髪型の女性は、髪の毛が常に引っ張られている状態となり、髪の毛および頭皮に負担がかかっていること可能性が高いです。そのため、分け目や生え際の頭髪が薄くなります。ヘアスタイルを時々変えるなど、髪や頭皮の負担を減らすことで防ぐことができます。

分娩後脱毛症
分娩後脱毛症は妊娠中から出産後にかけてホルモンのバランスが乱れることにより、一時的に抜け毛が増えることです。分娩後脱毛症は「出産後」に抜け毛が増えるという症状ですが、6ヶ月〜1年くらいでその症状は収まると考えられています。

About the author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です