AGAと生活習慣の関係について

AGAの原因について、AGAは男性ホルモンと遺伝に密接な関係があると多くの人に知られています。ほかには、生活習慣に影響されてAGAが起こる場合が少なくないとも言われています。具体的に言えば、生活習慣が原因で抜け毛を助長したり、薄毛を進行させてしまうことはあります。ここで、AGAと生活習慣の関係について説明させていただきますが、ぜひご覧ください。

●食事のバランス
髪を育てることは栄養が必要です。それらの栄養は食事から摂取されなければなりません。過度なダイエットや偏食など偏った食生活など栄養素が不足すると髪へも栄養が届かず成長を妨げます。それで、食事のバランスを重視することは必要です。特に、近年以来、食の欧米化が進み、脂っこい食事や高カロリーな食事が多くなって血の巡りを悪くさせます。それはAGAを引き起こす原因になると認められています。

●アルコールの摂取
アルコールの過剰摂取は皮脂の分泌が過剰になる可能性があります。過剰の皮脂は頭皮の毛穴を塞いでしまうことにもなりかねません。また、アルコールを摂取すると、体内で分解しようと肝臓が働くのですが、その時に髪をつくるのに必要な栄養素アミノ酸をたくさん消費してしまいます。結局、薄毛や脱毛を引き起こします。

●喫煙
調査によって喫煙は男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の量の増加を引き起こすことができます。また、たばこに含まれるニコチンというものは血管を収縮させる作用があるため、頭皮の血行も悪くなり、髪をつくり育てる栄養も行き渡りにくくなってしまいます。それで、喫煙はAGAの一つの重要な原因とされています。

●睡眠不足
人は寝ている間に成長ホルモンを分泌することができます。髪の成長に関わる成長ホルモンは22時から深夜2時に分泌が活発になると言われています。それで、その時間の間に深い眠りについていなかったら、髪の成長ホルモンの分泌がうまくできなくなります。睡眠不足が続くと髪の成長が妨げられ、AGAを引き起こす要因になることもあります。

About the author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です