女性が薄毛になる主な原因として、ホルモンバランスの乱れと血行不良が挙げられます。これらはストレスや過度のダイエット、睡眠不足、喫煙、栄養の偏った食事、間違ったヘアケアなどの習慣が影響していると考えられます。また、遺伝的要素が関係している場合もあります。ここでは紹介します。

  • 脂漏性脱毛症

過剰に分泌された皮脂が毛穴を塞いでしまい頭皮が炎症を起こす、皮脂の分泌異常が原因となる症状です。脂漏性皮膚炎を起こすこともあるので、早めに専門医に相談しましょう。髪が細くなった気がする、地肌が目立つようになったなど薄毛が気になり出したら、思い悩まずに早めに対処することをオススメします。専門医に相談しても良いでしょう。また食事や睡眠など日常生活を見直し、髪の成長を妨げるような習慣をなくすように心掛けることも大切です。

  • びまん性脱毛症

女性ホルモンは年齢と共に少しずつ減少し、閉経の頃には急激にホルモンバランスの乱れが起こります。そして、ストレスが溜まるとホルモンや自律神経のバランスが乱れます。また血管収縮により血行不良を起こし、毛髪に必要な栄養を運べなくなってしまいます。過度なダイエットは身体全体が栄養不足になります。当然、毛髪に必要な栄養も足りなくなり脱毛へと繋がります。そこでは、あまり心配しすぎると、それがストレスとなり症状が進んでしまう可能性もあります。育毛用シャンプーや育毛剤を利用して頭皮のケアをする、専門医に相談するなどして不安をなくしていきましょう。

  • 分娩後脱毛

女性特有の薄毛、抜け毛症状のひとつに、分娩後脱毛症があります。妊娠中は女性ホルモンの働きが増加し、ヘアサイクル(毛周期)が一時的に変化するために起こるものです。髪の健康を保つにはエストロゲン(卵胞ホルモンとも呼ばれ、排卵の準備を行うホルモン)が大事な役割を果たします。妊娠中、お腹の子供に栄養を取られ、妊娠後期にはエストロゲンなどの女性ホルモンによって成長期を維持してきた頭髪が、出産後、一気に休止期に入ってしまうために、出産後に脱毛症状が出る方が多いのです。